少しずつ回復して、少しずつ制作をするようになりました。

動ける日は外にも出て、その日その日に出来ることをしながら、

本当にいろんなことを考えました。

ゆきついた結果は、やはりわたしは花が好きなのだ。ということでした。